農業生産法人とは



  農業生産法人


・農業生産法人は、農業経営を行うため、「農地法の許可を得て、農地を買ったり借りたり」することのできる法人です。

・株式会社が農地を直接保有、借地することは認められていない。

法人形態
 ・農事組合法人、合資会社、合名会社、有限会社、株式会社
  (株式会社においては、株式の譲渡制限があるものに限る)

事   業  
 ・主たる事業が、「農業」及び「その農業に関連する事業」であ
  ること
          
農地法2条3項1号

構成員
 ・農業者や農業関係者の議決権が4分の3以上であること

          
農地法2条3項2号

役   員
 ・役員の過半は、農業に常時従事する構成員であること 

 ・この過半を占める役員の役員の過半は、農作業に原則とし
  て60日以上従事すること


・野菜工場でのトマト栽培、ガラスハウスでの花卉(かき)栽培、鶏舎での養鶏など、農地を利用しない経営の場合は、農業生産法人の要件を満たしている必要はない。




  農業生産法人が行いうる事業


・農業生産法人が行い得る事業については、
「農地法2条3項1号」に規定されており、主たる事業が「農業であること」とされているが、純然たる農業だけには限定されていない。

・そして、主たる事業が農業であることとは、事業年度直近の3か年における農業の売上高が、当該3か年における法人の
「事業全体の過半」を占めているかによる。

              
* * 農業生産法人の行い得る事業* *

 農     業

その他の事業  
 ・農業に関連する事業であって農畜産物を原材料として使用する製造加工
  業
       

 ・農業と併せ行う林業
        

 ・農事組合法人における農業共同利用施設の設置、又は農作業の共同化
  に関する事業 




  農業に関連する事業


 1.農畜産物を原料、又は材料として使用する製造、又は加工

・例えば、りんごを生産する法人が、自己の生産したりんごに加え、他から購入したりんごを原料として、「りんごジュ−ス゜の製造」を行う場合等


 2.農畜産物の貯蔵、運搬、又は販売

・例えば、りんごの生産を行う法人が、自己の生産したりんごに加え、他の農家等が生産したりんごの
「貯蔵、運搬、又は販売」を行う場合等


 3.農業生産に必要な資材の製造

・法人が自己の農業生産に使用する飼料に加え、他の農家への
「販売を目的とした飼料の製造」を行う場合等


 4.農作業の受託

・例えば、水稲作を行う法人が、自己の水稲の刈り取りに加え、
「他の農家等の水稲の刈り取りの作業の受託」を行う場合等


 5.農村滞在型余暇活動に利用されることを目的とする施設の設置、運営、役務の提供

「観光農園」「市民農園」(農園利用方式のもの)等、主として都市の住民による農作業の体験のための施設のほか、農作業の体験を行う都市の住民等が宿泊、または休養するための施設、これらの施設内に設置された農畜産物等の販売施設等